一人旅需要を掴むための宿泊プランの作り方

第一部:一人旅プランの魅力と課題

ビジネス旅行者のニーズ

出張で観光地に宿泊する際、ビジネスホテルを利用するのが一般的ですが、私のように仕事柄いろんな旅館やホテルに泊まってみたいというビジネス旅行者も多いでしょう。
しかし、旅館の一人旅プランは高額であることが多く、利用しづらいのが現状です。
ビジネス出張では寝る場所とシャワーを浴びる場所があれば十分ですが、ビジネスホテルの狭い部屋とシャワーでは疲労回復が半分以下に感じられることもあります。

旅館とビジネスホテルの違い

ビジネスホテルでは基本的に1名1室、または2名1室での宿泊が一般的です。
一方、旅館では10畳間で定員5名が基本となっており、1室あたりの人数で収益を計算します。
この違いが、旅館の一人旅プランが高額になる要因です。しかし、実際には平日に5名で宿泊することは少なく、多くの場合は2~3名です。

一人旅プランの料金設定

例えば、2名1室利用で合計30,000円(1名あたり15,000円)とします。
これが3名1室利用になると合計42,000円(1名あたり14,000円)、4名1室利用で合計52,000円(1名あたり13,000円)、5名1室利用で合計62,500円(1名あたり12,500円)となります。
しかし、一人旅プランでは合計20,000円(1名あたり20,000円)となり、急に5,000円もアップすることになります。
これでは、一人旅を楽しみたいビジネス旅行者にとって利用しづらい価格設定となってしまいます。

一人旅プランの需要

ビジネス出張で温泉に入りたいというニーズは多く存在します。また、ビジネスで利用した宿が良ければ、後で家族を連れて再訪しようと考える人も少なくありません。東京は別として地方では平日の部屋稼働が70%を超える宿は少数派であり、一人旅プランを導入することで、新たな顧客層を開拓することができます。

第二部:一人旅プランの今後の方向性

未婚率の上昇と一人旅の可能性

総務省統計局が公表している年齢階級別未婚率の推移を見ると、全般的に未婚率が上昇していることがわかります。20代男性の未婚率は約76%、30代前半では52%。女性においても20代で66%、30代前半で39%となっています。独身者が多数派になる時代が着実に近づいており、2名以上での宿泊を前提とする営業スタイルは見直す必要があります。

一人旅プランの作成

昨今の長いオフシーズンを考えると、一人旅プランを導入することは必要不可欠です。ただし、単に1名用の宿泊プランを作成するだけではなく、独身者に特化したサービスや体験を提供することが重要です。

独身者向けの宿泊体験

独身者が複数人数の旅行者では体験できることが体験しづらい環境を克服するためのサービスを提供することが重要です。例えば、独身者が気軽に楽しめるアクティビティや交流イベントを宿で開催することで、独りでも楽しく過ごせる環境を整えます。また、独身者が心地よく過ごせるような特別なアメニティやサービスを提供し、充実した滞在をサポートします。

一人旅プランの具体例

専用ラウンジとワークスペース: 一人旅のゲスト専用のラウンジやワークスペースを設置。リラックスできるソファやデスクがあり、静かな環境で読書や仕事に集中できます。

カスタマイズされた食事メニュー: 一人旅のゲスト向けに、個別にカスタマイズされた食事メニューを提供。地元の新鮮な食材を使った特別料理を、静かな個室や専用のダイニングスペースで楽しめます。

第三部:一人旅プランの導入と成功事例

成功事例の紹介

当社がコンサルティングを行ったある旅館では、一人旅プランを導入することで平日の稼働率を大幅に改善しました。具体的には、独身者向けの特別なサービスを提供し、リピーターを増やすことに成功しました。

一人旅プランの効果

稼働率の向上: 平日の稼働率が15%を増え、売上が安定しました。
リピーターの増加: 一人旅プランを利用したビジネス旅行者が、後に家族や友人を連れて再訪するケースが増えました。

まとめ

一人旅プランの導入は、宿泊施設にとって新たな顧客層を開拓するチャンスです。未婚率の上昇やビジネス旅行者のニーズに対応することで、平日の稼働率を向上させ、売上を安定させることが可能です。ぜひ、独身者向けの特別な体験を提供し、一人旅プランを成功させましょう。

「食材原価率を下げる5ステップ」ガイドブック無料プレゼント

宿泊施設の経営者必見!食材原価を効率的に下げる方法をまとめた「食材原価率を下げる5ステップ」を無料でプレゼントします。プロのシェフが教える実践的なアドバイスで、収益性と顧客満足度を向上させましょう。今すぐダウンロード!

無料ダウンロード

最近の記事

PAGE TOP