1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 円安による食材原価高と調理人不足への新対策

BLOG

ブログ

ブログ

円安による食材原価高と調理人不足への新対策

インフレと円安の影響

日本国内ではインバウンド客が賑わう観光地が多いですが、その恩恵は主に大都市部に集中しています。地方にはその波は及んでいないのが現状です。さらに、2024年に入りコロナ禍の旅行需要も落ち着きを見せ始めています。このような状況の中で、円安が進行し、1ドル=160円台という34年ぶりの記録を更新しました。この通貨の価値の下落は、宿泊業にどのような影響を与えているのでしょうか?

24835976 m 1024x683 - 円安による食材原価高と調理人不足への新対策

①食材費の急騰とその影響

最近の円安は、輸入食材を中心に食料品の価格を押し上げ、宿泊施設の食材原価率を急激に高めています。多くの中小企業では賃上げが困難であり、可処分所得の減少と共に、旅行や外食への支出も減少しています。このような状況は、特に地方の宿泊施設にとっては収益圧迫の大きな要因となっています。

28847400 m 1024x574 - 円安による食材原価高と調理人不足への新対策

②調理人材の海外流出とその影響

高収入を求めて海外へ流出する現象は、日本国内での調理人材の不足を加速させています。特にアメリカやヨーロッパでは、調理スキルを持つ日本人が年収1000万円を優に超える高収入を得やすい環境が整っています。(カリフォルニアですし店を営む知人は、皿洗いを時給3500円で募集しても全く来ず、時給4000円で募集していると言っていました)。

これにより、日本国内での調理人材のさらなる不足が懸念されており、料理の提供が主要なサービスの一つである宿泊施設にとって大きな問題となっています。ある有名温泉地では素泊りの宿が25%を超える状況となっています。

1426144 m 2 1 - 円安による食材原価高と調理人不足への新対策

③料理に関する悩みを解決する新サービス「CHEF BRIDGE」

調理場の環境整備は、これまで以上に重要な経営課題です。宿泊施設や飲食店は、調理場の効率化とコスト削減、調理人材の確保を目指しています。当社が開発した「CHEF BRIDGE(シェフブリッジ)」のサービスは、プロのシェフを派遣し、宿泊施設や飲食店の調理場で直接調理指導を行うサービスです。このサービスを通じて、食材費の高騰に対応するコストダウンメニューの開発、調理未経験者の育成、美味しさの向上を目指し、宿泊施設の収益性向上に貢献します。

CHEF BRIDGE logo - 円安による食材原価高と調理人不足への新対策

「CHEF BRIDGE」で新たな一歩を

円安と調理人不足、この二つの大きな課題に直面している今、宿泊施設や飲食店が取るべき行動は明確です。コスト削減と人材育成の両面からアプローチすることで、これらの課題を乗り越えることが可能です。「CHEF BRIDGE」の導入は、そのための最適な解決策の一つとなり得ます。

これまでこのサービスを利用してきた宿泊施設は、料理の質の向上はもちろん、コスト効率の良いメニュー(最高約10%の原価率減少)、クチコミ高得点の獲得(平均クチコミ4.8点)、調理未経験者のプロ調理人化などを経験しています。

宿泊業界における料理関係の課題は一夜にして解消されるものではありませんが、「CHEF BRIDGE」を活用することで、確実な第一歩を踏み出すことができます。今こそ、未来の成功への投資として、この新しいサービスをご検討ください。お問い合わせは当社ウェブサイトからお気軽にどうぞ。あなたの施設がさらなる高みへと至るお手伝いをさせていただきます。

CHEF BRIDGE(シェフブリッジ)公式サイト
https://chefbridge.jp/

ある宿泊施設のCHEF BRIDGE導入成功例
https://chefbridge.jp/category/case/

 

関連記事