外国人オーナー増加による旅館買収の現実と経営者の葛藤:旅館を売却する際に考えるべき重要なポイント

「中国富裕層が担い手に、斜陽の国内温泉旅館-外国人所有が4割へ」

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-05-15/RUIVQ5T0G1KW01

旅館の外国人(中国人)所有が4割」という報道は、恐らく一部の箱根や熱海などの情報に基づくものですね。確かにこのコロナ禍で、多くの旅館が売りに出され、外国人の所有が増えていることは否定できません。同時に、外国人オーナーによって経営される旅館で働くスタッフの方々がつまらなそうにしている様子をよく目にします。

中国は昭和時代の日本と似たような経済状況ですから、「少人数でバリバリと長時間働き、死ぬほどの成果を出さなければならない」というのが当たり前です。それでは利益を上げることができず、事実それが商売の真髄なのですが、旅館を売ったオーナー自身はそういったことを理解する由もなく、社長から支配人になって地獄を見ている例も多々聞かれます。

25297826 s - 外国人オーナー増加による旅館買収の現実と経営者の葛藤:旅館を売却する際に考えるべき重要なポイント

もし旅館を売却するなら、完全に手放して離れることをお勧めします。しかし、他に適切な職業があまり存在しないのも事実ですが、経営者として一度旅館の経営から離れて一般の人になると、その大変さが身に染みることでしょう。自身が経営者であることから離れ、一般の人としての生活を送ると、次の商売を見つけるのは簡単ではありません。たまたま私自身は才能があっただけで、普通の人にとっては絶望的な下降線をたどることが多いです。

ですので、旅館を売却する際はよくお考えいただきたいと思います。自ら経営者として挑戦することの価値や、自身でやっていくことの重要性を考えてみると良いでしょう。

「食材原価率を下げる5ステップ」ガイドブック無料プレゼント

宿泊施設の経営者必見!食材原価を効率的に下げる方法をまとめた「食材原価率を下げる5ステップ」を無料でプレゼントします。プロのシェフが教える実践的なアドバイスで、収益性と顧客満足度を向上させましょう。今すぐダウンロード!

無料ダウンロード

最近の記事

PAGE TOP