インバウンド急増に傾き、経営が傾く会社の特徴とは

急増するものは、急減する。

これは、物事の理(ことわり)というものです。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏ひとへに風の前の塵におなじ。」

平家物語の一節です。

会社は永遠になんて現実はありません。どんなに大きな会社でも、栄枯盛衰があります。
しかし、会社は社員の人生、家族の生活、やりがいなどたくさんの事を支える礎だったりします。
永遠とは考えずに、いかに商売を長く継続できるかという課題を経営者は持ち続けているとよいのだと思います。

長野の伊那食品工業の「年輪経営」という経営理念は素晴らしいと思いますし、強固な経営を作るには、コツコツと進むことの大切さを教えてくれる書だと思います。

アマゾン「リストラなしの「年輪経営」: いい会社は「遠きをはかり」ゆっくり成長 (光文社知恵の森文庫)」
https://amzn.to/2sSiWZY

急に良くなる=急に悪くなる
です。

コツコツ養ったものには敵いません。

当社では、コツコツ成長させていく経営を推奨していますが、、、潰れそうな会社には急増させるケースが多々あります。
潰れたらお終いです。危険エリアを回避したら、年輪経営でコツコツ成長させます。

クルーズ、、、コツコツではないですねw

関連記事一覧

PAGE TOP