1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 旅館コンサルタントのある一日

BLOG

ブログ

ブログ

旅館コンサルタントのある一日

先日、あるお宿様での私の1日。

【 9時 】

宿に到着して、チェックアウトするお客様をチェックと館内状況確認。

【 10時半 ~ 】

チェックアウト後に、全体会議にオブザーバーとして出席し、社員さんと意見交換とアドバイス。

【 12時 ~ 】

役員の方々とランチを兼ねてミーティング。

【 13時半 ~ 】

営業会議。経営者、予約担当者、ネット担当者参加で、前月の売上確認とヒアリングとアドバイス。

【 15時 ~ 】

料理会議。経営者、調理長、ネット担当者参加で、4か月後の料理献立検討とメイン料理検討。

【 17時 ~ 】

新しい料理の撮影と宿泊プラン検討会議。

【 18時 ~ 】

夕食試食 & 献立チェック & 接客チェック & 接客アドバイス & 味付けアドバイス

(基本、毎度全品頂きます。バイキングの場合も2回に分けて味見を行い、味付けの濃薄、盛り付け、料理撮影時の状態を維持できているかなどチェックします。)

【 19時半 ~ 】

客室撮影。

【 21時 ~ 】

経営者の方とミーティング。この日は日付が回る頃まで話続けました。

大体いつもこんな感じです。プライベートでは無口ですが、仕事においてはほぼ1日中話続けています。私のスタイルとして、押し付け過ぎる事はしません。結局は現場の皆さんが納得の上、お客様にサービスしないと何も良い事が無いので、ちゃんと話合い、理解して頂いたことを実行して頂いています。もちろん世に無い手法で賛成を得られない場合もありますが、結果が証明してくれるので、その場合はとにかく実行を頭を下げてお願いしています。

以前に当社がサポートした宿のオーナー様が会議で社員さんにおっしゃっていたのは、「とにかく伴さんと心中すると決めたのだから、アドバイスをとにかく引き出すために、伴さんとたくさん話さないといけない。聞いた通りやってみてダメなら仕方がない。でも、もう一度改善アドバイスを聞いて、もう一度やってみる。そうすると大概うまくいく。だから、とにかく伴さんになんでも聞くように。必要な金はちゃんと払っているから心配しないように。以上。」

と、若干宗教がかかっていて怖さを感じさせますが(笑)、実際にその宿は8年ずっと売上下降していましたが、2年間でその温泉街の中心的な宿になりました。とても改善スピードが速い宿でした。

ちなみに、私が公言しているのは、

「私が言う事の「8割半」は合ってます。」

です。

1割半は「新しい試みや私も間違えはします」の範囲です。

当社は基本として私一人で運営していますので、これまでの改善してきた経験値は私自身に蓄積されています。旅館経営時代も膨大なチャレンジをしてきたので、打率が高いのだと思います。

私の話は色々聞いといて損はないと思います。

という感じで、各地の宿の様々な改善を行っています。

関連記事