【宿プロデュース:考】DIYで早期補修&クチコミ点数維持

最近、DIY(自分でやる)増えています。

クチコミ点数は集客の大きな原動力になるのは間違いなさそうです。先日ある宿で駅に到着したお客様のお迎えに行く人が誰も居なかったので、私の車でお迎えに行きました。(普段はしませんが、近くにいたのとお客様の感じがクレーム付きそうな雰囲気があったのでやむを得ずです。)

大学生の頃、バイト代稼ぎに実家でよく送迎をしていたので懐かしい感じで道中色々お客様と話したところ、お客様がその宿を選んだ理由は、「クチコミ点数が高いから」でした。

お客様は翌日は熱海に泊まる予定で、そちらも点数が高いそうですし、翌日のランチは同じく食べログで地域一番のお店を選んでいるそうです。そうなんです。「クチコミ点数=全ての信頼」というお客様は実際にかなりの数が存在しています。
良いか悪いかは置いておいて、クチコミ点数は大事です。

というのも、私が今新しい一眼レフカメラを買おうとアマゾンを探検していますが、やはり3点台の商品は眼中になく、4点台が無ければ買う対象から外れています。総額が20数万円を超える買い物になるので、失敗しないように点数が低い口コミをよーく見てしまいます。お客様心理というのはそういうものです。

さて、クチコミを高得点で維持している宿の共通項に、設備の保守、清潔維持があります。古くても綺麗に維持できている宿の多くは、同時にクチコミの点数も高得点を維持しています。それは事実です。

そこで、クチコミ点数が上昇できていない宿に設備の保守、清潔維持をお願いしますが、予算が足りずに行えないというリアルな世界がそこに存在します。そういう場合に今回のタイトルになるのです。DIYです。

私が宿をやっている時は外注派でした。中途半端に修繕してしまうとおかしくなってしまうという危機感からでしたが、実際に修繕をDIY(自分でやる)することはありませんでした。しかしコンサルティングの現場ではどうにしかして売上を上げなければどうにかなってしまうという場面に度々直面するので、DIYせざるを得ないという経験から色々学びました。

みんなDIYできる!です。

ある宿では建物の外壁が汚れて古臭く見えたので外壁の塗装を業者に見積もってもらったら、2F建て建物で約200万円でした。とても払える予算が無かったので、「金はない!自分達で塗ろう!(笑)」ということで、自分たちで資材をネットで集めて試しに裏門側から塗り始めました。すると、なんと簡単に塗れるじゃないですか!やりながら覚えてることもあって、初めに高圧洗浄機で壁を綺麗にして良く乾かしてから塗ると、ペンキのノリが良くなりより楽に塗れることだったり、二度塗り三度塗りも学びました。そうこうして200万円の見積もりは30万円ちょいに収まり、施工期間は4倍に伸びてしまいました。しかし、塗り終わると不思議なことに新品な宿に生まれ変わりました。

ペンキ塗りを覚えると、その次は漆喰塗りも覚えましたし、タイルカーペットの張替え、壁紙貼りもできるようになりました。恐らく同業の方々でここまで出来るコンサルタントという方はなかなかいないのではないでしょうか(笑)。

もちろんコンサルティングの中に、DIYを実際に行って指導を行うこともやっております。結果として宿は今まで気付いてはいたけど直せなかったところがどんどん直せるので、クチコミ点数がじわじわ上昇していくケースが多数です。

ホームセンターやネットなどでプロが使っているような効率的な道具は簡単に手に入りますし、何よりも職人しか使えないような難しい道具がなくなりました。それは実際に作業をした素人の私が実感しました。一度簡単だという事が分かるとどんどん出来るもので、小さな壁紙の穴や汚いカーペットの張替えなどものの2、3時間で完了できます。(施工写真を見せたいのですが、現時点でOKを貰っている物がないので、ご想像ください。)

では、私はどのようにペンキ塗り、漆喰塗り、タイルカーペットの張替え、壁紙貼りを覚えたかというと、YOUTUBEです(笑)

実際に、現場でスマホを見ながら細かい施工を真似すると、不思議と出来てしまうのです。それだけでコスト85%OFF!!そういう時代です。
皆さんもぜひDIYにチャレンジして、無駄な大工事をなくして、ソフトに予算を振り分けて、持続的な宿経営を目指しましょう!

関連記事一覧

PAGE TOP