【宿プロデュース:考】 コンサルティング会社の活用法

『 旅館とホテルのコンサルティングって何をしてくれるの? 』
そのようなご質問は、初めてコンサルティング会社を利用される方や以前にコンサルティング会社との契約があったが、十分に効果が出なかったという宿さんからよく聞きます。

コンサルティング会社を効果的に活用する一番の手段は、「なんでも尋ねる」です。

宿経営をしていると様々な問題に直面します。
例えば、売上の不足、金融機関への返済や資料作り、資金繰り、HPの編集、じゃらん楽天のページ作り、従業員の指導、料理の器選定、カーペットの張替え、家具のリニューアル、写真撮影、設備投資、今後の宿の方向性などなど経営者の方はたくさんの悩みを抱えています。

結果的には、その課題は経営者の方が何れかの答えが出して実行されるのですが、その答えが「本当に合っているのか?」や「それで良かったのか?」と考える時間や、その答えの効果が出てくるまでのタイムラグが、企業の業績を決める時代になっています。

その為にも、「なんでも尋ねる」ことが出来るコンサルティング会社を探して、小さなクエスチョンがあったら「すぐに尋ねる」が一番効果的な活用方法です。

もちろん、コンサルティング会社の役目として
・見えなかった課題や問題を見えるようにする事
・その課題を解決する道を見せる事
・課題を解決する背中を押す事
・課題が解決できなければ、共に解決する事

が基本としてあります。

しかし、分からなくなったり不安に感じたら「なんでも尋ねる」がコンサルティング会社の一番の活用法です。

その為にも、色んな事を知っているコンサルティング会社探しをおススメします。

関連記事一覧

PAGE TOP