【宿プロデュース:考】写真の上手な撮り方③

写真を上手に撮る。

難しいですよね。

趣味の写真を撮るのは簡単ですよね。

自分が好きなものを好きなように取ればいいだけです。

でも、旅館のプロモーション写真の様に
『この写真一枚で人気の宿になるか、忘れられる宿になるか』

と思うと、プロに頼ってしまうんですよね。

旅館をブランディングするのには、プロモーション写真は、とっておきの1枚か2枚に絞るべきです。

そうなるとプロモーション写真は特殊な写真になりますので、素人では撮れなくなってきます。

そこで、プロ写真家に頼みましょう!

では、本当にプロに頼んでもいいんでしょうか?
答えは『NO!』です。

YES!と言ったり、NO!と言ったり振り回してすいません。

きちんと説明します。
プロの写真家はそれぞれ『こういう写真を撮るのが得意』というものがあります。

もちろんいろんな写真を撮れるけど、『こういう写真が得意』があるのです。
写真家の選定においては、これまでの撮影実績などを参考に選ぶわけですが、撮影実績は偏りを防ぐために様々なタイプの写真が並びます。


その写真の中で、『こういう写真が得意』を見抜くのは実に難しいです。
結局、写真家を信じて『お任せコース』?
ではいけません。

どうするか?
それは、『世界観』を伝えるのです。

例えば、
ある大手商社の敏腕営業部長が2ヵ月間会社に缶詰になって、20億円のプロジェクトを成功させました。
海外企業との交渉は、極度のプレッシャーが毎秒襲ってきてストレスが限界に達していました。

『高層ビルからの眺めはもう見たくない。
都会の便利さはちっとも私のストレスを軽減させてくれない。』

そんな愚痴をこぼす部長の頭をからっぽにできる雪見の露天風呂。


この世界観を伝えて、

『うーん。難しいですが、やってみます。』
と言えない写真家なら頼まないのが正解です。

どっかで見たことのある写真に請求書が付いてきてお終いです。
プロモーション写真をプロに頼む理由は一つです。

見たこともなく世界に一つしかない圧倒的に差別化された写真を撮ってもらうためです。
それが撮れないのなら、猛練習して自分で撮りましょう。

しかしその時間はありませんよね。やはりプロに頼む必要があります。

では、この世界観をどう伝えるか。

それは日々の練習で身に付きます。
写真を上手に撮りたいのであれば、年間1万枚撮ってください。

1日あたり約30枚です。

被写体は自由。引きで撮るのも、寄りで撮るのも何でも自由です。

ただ一つだけ条件があります。
毎日異なる世界観(ストーリー)で写真を撮ってください。

何でも良いのですが、

例えば、
理由もなく100億円を貰えることになって、

これまでの生活から100段も200段もグレードアップした生活に明日なります。
これまでの慎ましい生活の思い出を100枚の写真にまとめてみようと思います。

こんな感じです。
どんな写真を撮りますか?
あなたの表情は100億円を貰う前と後ではどれくらい変わるんでしょう?
UNIQLOの下着を着ていますか?
朝は7時に起きる生活をしていますか?

このように、毎日異なる世界観(ストーリー)で写真を撮ってください。

1年後にはプロに

『完璧です。ぜひその世界観で撮らせてください。』

と言わせる世界観(ストーリー)が話せるでしょう。

さぁ、カメラを持ってバンバン撮りましょう!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP