1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 飲食業
  4. 「どれも良い」から「これが良い!」への脱却で、売上アップ!

WORKS

実績紹介

飲食業

「どれも良い」から「これが良い!」への脱却で、売上アップ!

改善課題:腕も良い、店も良い、味も良い。そして集客もない

業種:日本料理店
年商規模:1億円
エリア:東京

■ファーストインプレッション

料理に情熱を持った優秀な料理人であり経営者の方でした。綺麗な店でしたし、よくコスト削減に励まれていて、15年間有名店で修業されていただけある「いい店」でした。

■改善前

懐石料理の特性上「どれも美味い」となって、特徴無しの店になっていた

極上に美味しい料理を作ることは修行で学んできましたが、店を運営するにあたって同じくらい大事な「マーケティング」を学んでいなかった典型例です。
お客様からも「いい店」で有名で、よくある「なんで売れないんだろうね?」とお客様から突っ込まれる始末。懐石料理というコース料理を提供しているからもありますが、「良さ」を説明しずらい店になっていて、情報拡散が難しい状態でした。

■改善アクション

・数回の試食
・売り&差別化の発見
・近隣同業他社の調査
・SNSの構築
・HPの制作 他

■改善後

土鍋炊きのごはんに一点集中し、食べログでブレイク。売上2倍へ

数回の試食で、売りになるべき料理を探しましたが、どれも売りになるレベルでした。そこで同業他社を見回すと、どれも肉や魚などの高級食材にスポットを当てて宣伝していました。それをチャンスと見て、あえて「ごはん」に焦点を当てたところ、大ヒット。食べログ投稿は増加し、雑誌取材やテレビ取材を経て、約2年で繁盛店へ。

※本支援実績においては、コンサルティング契約において実施している指導内容の一部を掲載させて頂いております。