コロナに負けるな!がAPAに負けるな!に(笑)

コロナに負けるな!がAPAに負けるな!に(笑)

価格破壊始まっています。
いや破壊じゃないです。需要に適応した適正料金への変化。

ニュースで”カラオケの鉄人”が、カラオケ個室を月額2480円で何回でも、テレワークスペースとして使えるプランを案内していました。

もうすでにオワコン化してきているカラオケなので、2年前からサブスクといって同じようなサービスをしていたので、そこからの運用替えです。

凄いのは、開店〜19時までの間で使い放題というところで、ビジホのテレワーク需要をぶっ壊すといった感じでしょうか。
同時にシェアオフィス需要もぶっ壊れますね。

元々カラオケの鉄人は財務状況が安定していなく、なりふり構わずというIR的要素もあるんだと思います。

今後もこうやって少ない需要を値下げで奪い合う状況は続くでしょう。

混戦になったら何が切り札か?
そうです、コンセプトです!他社との差別化は、表面的なコンセプトでは絶対にできません。全社を一つのコンセプトで統一することで、真似できない存在になることで、自社だけが確保できる市場が生まれます。

道のりは長い手法ではありますが、完成したら無敵です。

コンセプト経営してみませんか?

https://www.traicy.com/posts/20200509156995/

コロナに負けるな!がAPAに負けるな!に(笑)価格破壊始まっています。いや破壊じゃないです。需要に適応した適正料金への変化。ニュースで”カラオケの鉄人”が、カラオケ個室を月額2480円で何回でも、テレワークスペースとして使えるプラ…

コンセプト創研さんの投稿 2020年5月24日日曜日

PAGE TOP