全国旅行支援の延期&コロナ第七波の影響で「キャンセルの波」発生中

予想の範囲内ですが、全国旅行支援の延期がほぼほぼ決定した数日で「宿泊予約キャンセルの波」が押し寄せ、夏休みに突入した今、オミクロンBA2ウィルスの影響が出ています。

県民割が8月末まで延長されたことで、夏休みの予約が順調に増えていましたが、突如の急ブレーキ。

ニュースによると、今回のBA2というウィルスは感染力が強くて、その亜種はさらに強いという。

困りましたね。

せっかく、コロナ終息に向かうと感じた矢先の第七波。

こうなったら、それはそれでやっていくしかありません。

基本の対処法を述べておきたいと思います。

①コロナ感染予防対策を改めて示す

部屋の消毒や食事処のパーテーション対策、入館時の消毒など当たり前にやっていることだと思いますが、改めて知らせることが大事です。

HPのお知らせ情報(ブログ)に載せているものは、日付が古くなっていると思うので、最新投稿に改めて出すのも良し、日付を変えるもよし。とにかく目に付く場所に置きましょう!

②直前予約を取る

予約をキャンセルされるお客様もいれば、「コロナ感染者が急増するから今年の家族旅行はやめておこう」と思っていたけど、せっかくの夏休みだから近場でどっかに1泊旅行でも行こうか!というお客様もいます。

そのような種類のお客様は、基本「目的がある旅行」ではないので、お得!だったり、安いプランを狙って予約をします。

そこで、自社のブッキングカーブを見直して、直前(多くが1週間~10日前)割引プランを出すのか、それとも通常プランを直前割引するのか。

とにかく周辺宿との競争ですので、よくじゃらん、楽天の提供料金を見回して、ライバルよりも100円でも競り負けない事が大事ですよ!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP