デフレ経済に備えよう

リアルな予測ですね。
宿泊業界ではすでにデフレが始まっている感覚があります。
あれ?この宿こんなに下げていいの?っていう金額結構見ますよね。

需給バランスが崩れるタイミングで多店舗戦略の宿が軒並みボコボコいくでしょう。

忙しくなりそうなんで、私はHPのリニューアルを急ごうと思いますが、似鳥の社長の勘が冴えていたらの話ですが、弱り目に祟り目といいます。どうぞお気をつけ下さい。

何にも知らない奴がいきなりホテルコンサルとか言いはじめて、忍び寄って来ると思います。そういう輩を判断する時に使うべきキーワードは、「具体的に何をすればいいですか?」と聞いてみてください。

「とりあえず全部やらないといけません。」と答えない奴は、危ないでしょうね。津波の引き潮と同じで局所的にやっても何も変わりません。引き潮を上回る全力で色々やらないと同じように流されます。
ネットもSNSも部屋もサービスも接客もプランもHPも全部やるんです。HPを変えたくらいで経営が立ち直るなら200万なんてやすいものです。しかし、経営ってそんな簡単なものではありません。

この5年くらいの間で、仮想好景気に馴らされていてデフレ経済の恐ろしさを皆さん忘れていますが、デフレが始まると利益が残らなくなります。実質賃金が上がっても、税金が今後上昇していくことで手取りは減ります。

関連記事一覧

PAGE TOP