大江戸温泉物語「ホテル水葉亭」 2017年4月28日リニューアルオープン予定

■地域の特性や魅力を取り入れたコンセプトに基づき、大浴場を一新 ■レストラン会場の新設や新規客室も実施
大江戸温泉物語株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌、以下大江戸温泉物語)は、昨年2016年9月に取得した静岡県熱海の「ホテル水葉亭」の大浴場やロビー、フロント等をリニューアル、レストラン会場や一部客室を新設し、2017年4月28日(金)にオープンする予定です。

今回のリニューアルは、歴史ある「ホテル水葉亭」の既存施設を大事にしながら、相模湾と伊豆山を臨むロケーションにあるホテル水葉亭ならではの特性を活かし、大浴場とレストランを中心に大規模なリニューアルを行いました。

【リニューアルの特長】

  • 既存施設を活かしながら、海(相模湾)と森(伊豆山)の両方の眺望を最大限楽しめるよう施設をリニューアル
  • 大江戸温泉物語流のバイキング料理を提供するため、レストラン会場を新設
  • オーシャンビューの客室を新規増室

このリニューアルオープンを通じて、大江戸温泉物語の「ホテル水葉亭」は多くのお客様に、四季や景色を楽しみ、温泉で寛ぎ、食事を楽しむことのできる、和やかで賑わう場を提供したいと考えています。

【リニューアルポイント】 ※現時点での予定です。画像はすべてイメージです。

<6F エントランス~フロント>
相模湾に面する熱海随一の眺望を楽しめます。リゾート感を醸し出しつつ落ち着いたデザインでまとめました。お客様を爽やかにお迎えいたします。

<1F レストラン>
レストラン「浮雲(仮称)」
お客様の記憶に残る食事の時間を演出するため、快適かつ賑わいある空間づくりを目指します。広々とした空間では「和洋折衷のビュッフェ」を満喫いただけます。
レストランの名前は、二葉亭四迷の近代文学の先駆的作品であり、江戸と西洋の融合である『浮雲』とし、その作家・作品と同様に常に新しいことを提供しつづけたいという想いの表れにもなっています。

<B1F 大浴場>
大浴場1「蒼海(そうかい)の湯(仮称)」
相模湾に面する立地を活かし、温泉と眺望を心地よく、さわやかに楽しんでいただくために、白やブルーを基調として構成した大空間の浴場としました。

大浴場2「森羅(しんら)の湯(仮称)」
奥行きのある空間を活かし、「蒼海の湯(仮称)」とは対照的な空間デザインを施しています。“つらなる”デザイン展開(シークエンス)を強調することにより、奥に控える「木々の緑」へのアプローチを引き立てます。そして、その先へ進むと右手には「相模湾の絶景」が眼下に広がります。

<新規客室>
「上質さ」を感じる空間を目指し、快適に心地よくご滞在いただける客室を新設します。

【ホテル水葉亭概要】

所在地 〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山190-1
総客室・宿泊人数 102室(洋室・和室・和洋室) 436名
宿泊料金 1泊2食付バイキングプラン 9,980円(税別)~
※平日大人3名以上1室利用の場合
予約開始予定日時 1月23日(月)午前9時~
URL http://www.ooedoonsen.jp/

 
以上

関連記事一覧

PAGE TOP