旅行比較大手2社サイトで民泊物件の表示を開始、Airbnbの海外物件を「トラベルコちゃん」「Travel.jp」で

民泊仲介サービス「Airbnb」が2016年12月19日、オープンドアが運営する旅行検索サイト「トラベルコちゃん」、ベンチャーリパブリック運営の「Travel.jp(トラベル・ジェーピー)」との業務提携を発表した。提携した2つのサイトは複数のオンライン旅行予約サイトの検索結果を比較横断できるメタサーチ。Airbnbとメタサーチの連携は、海外で一部みられるものの、国内では初めてのこと。

「トラベルコちゃん」や「Travel.jp」の海外ホテル検索ページ上に「Airbnbで家を探す」動線が設置され、利用者はホテルだけなくAirbnbが提供する個人宅や別荘などを選択できるようになる。

トラベルコちゃん、Travel.jpの海外ホテル検索画面は以下のとおり。両社ともに、Airbnbの物件については他社サイトの宿泊施設とは一覧表示させず、検索条件にあったAirbnbの民泊物件の一覧ページに遷移する動線を設置した。

「トラベルコちゃん」より

「トラベルコちゃん」より

Travel.jpより

Travel.jpより

現在、Airbnbは世界191か国、3万4000以上の都市で物件を紹介。日本でも4万6000件以上の部屋が登録されている。Airbnbは今回の大手旅行比較サイトとの連携を通じ、あらゆるタイプの旅行者のニーズに合った宿泊オプションを提供できることに期待。世界各地の物件を、これらの旅行比較サイトで検索できるようにする考え。

一方で、比較サイト側は旅行者の選択肢を増やし、利便性を高めることでユーザー獲得や満足度の向上を図る。今回は、両社ともに「海外ホテル」のカテゴリでの展開を開始したが、国内で民泊の新法制定が見込まれる来年以降は、こうした動きは加速していきそうだ。Travel.jpでは、時期は未定ながらも国内ホテルでも展開していく方針を明らかにしている。

 

トラベルボイスより転載

関連記事一覧

PAGE TOP