ヤフー、本社移転に伴い従業員のサポート体制強化、新幹線通勤やコワーキングスペース導入など

ヤフー(Yahoo! JAPAN)は2016年10月1日の本社移転にあわせ、通勤制度やオフィスレイアウト、社内体制を刷新。従業員の多様な働き方や健康増進をサポートする体制を拡充する。

取り組みのひとつとして、新幹線通勤制度の導入を決定。通勤時間が2時間以上かかっている従業員に対し、会社が新幹線代を含む通勤交通費を負担する。居住場所の選択肢を増やし、家庭の事情などに合わせた生活と就労の両立を支援する考えだ。

また、従業員の心と体の健康増進をサポートする「チーフ・コンディショニング・オフィサー(CCO)」を新設。9月1日付けで宮坂学代表が就任した。今後は社員食堂での食事や配布するスマートフォンなどを通じた健康管理を積極的に推進。医療機関や健康関連施設との連携も強化していく。

さらに、オフィスレイアウトを通じて社内外の人とのコミュニケーションの増加やパフォーマンス向上を目指す。コワーキングスペースや「ジグザグに机を並べたフリーアドレス」方式のスペースなどを導入し、「新しいオフィス」を紹介する特設サイトも公開した。同社ではこれらの施策により、革新的な新規事業やサービス創出につなげていく。

ヤフージャパンの新本社は以下のとおり。

  • 新本社住所: 〒102-8282 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
  • 移転日:2016年10月1日

トラベルボイスより転載

関連記事一覧

PAGE TOP