【渋谷エクセルホテル東急】流行の発信地・渋谷ならではの新・客室「Shibuya MODE Twin Room」誕生

渋谷エクセルホテル東急〔東京都渋谷区 総支配人:市原 英明〕ではただいま客室改装工事を行っており、本年8月19日(金)、予定していた改装をすべて終了いたします。その中で、流行最先端の街・渋谷ならではのコンセプトルーム「Shibuya MODE Twin Room(シブヤモードツインルーム)」が誕生いたします。

公式ウェブサイトはこちら
http://www.shibuya-e.tokyuhotels.co.jp/ja/stay/plan/1416118572695.html

渋谷エクセルホテル東急では、ショッピングや観光を目的に宿泊するお客様の中で、特に外国人や女性を中心にお土産や買ったばかりの洋服、小物などをベッドに並べて写真を撮り、SNSに投稿する方が多く見受けられます。また、窓から見える景色や「渋谷スクランブル交差点」を背景にお客様が自分自身を写している写真も多く、これはやはり若者や外国人に人気の渋谷ならではの現象であると考えられます。
そこで、本年5月29日~8月19日にかけて行う客室改装計画の中で、このようなニーズに特化した客室をコンセプトルームとして作ることになり、今回の改装フロアである7階~12階のうち10~12階の角部屋(計3室)が他の客室と比べて大幅リニューアルを遂げることとなりました。

「Shibuya MODE Twin Room」の特徴は以下の通りです。
①「渋谷スクランブル交差点」に最も近い角部屋で、他の客室と比べて窓が大きい。
②窓に近いエリアはカーペットでなくフローリング。天井にはスポットライトを設置。LED付きの姿見の前に立てば、ちょっとしたファッションショー気分を楽しめる。
③クローゼットには敢えて扉を付けず、洋服や靴、バッグなどを“見せる収納”に。ショッピングしてきた“戦利品”を飾って眺められる。ハンガーや小物入れも他の客室とは違うオシャレなものを使用。
④ドレッサーはLED付きのいわゆる“女優ミラー”。
⑤美顔器(スチーマーナノケア)を設置。

⑥ガラス製のi Phoneスピーカーを設置。ケーブルなしで音楽を楽しめる。
⑦お客様自身の洋服や小物が映えるよう、部屋は全体的にシックな色調。
⑧椅子、テーブルも部屋の雰囲気に合わせ、他の部屋とは違うオシャレなものを設置。
⑨ミニバー付き。

部屋の名称に使用している「MODE(モード)」はフランス語・英語で「流行・ファッション」という意味を持ち、「非日常的な・非凡な」などの意味で使われることもあるそうです。
「Shibuya MODE Twin Room」はファッションや流行に敏感な方の為の部屋です。流行の発信地・渋谷を体感し、目一杯満喫したら、是非SNSなどでご自身のShibuya MODEを発信してお楽しみください。

このたび「Shibuya MODE Twin Room」誕生を記念して、宿泊プラン「Shibuya MODE Stay」をご用意いたしました。最上階レストランの朝食付き、また渋谷エクセルホテル東急オリジナル扇子がお1人様1泊につき1本プレゼントとなります。このプランは8月21日(日)スタートで、料金は曜日によって異なり、お1人様14,700円~19,800円。(1室2名利用。サービス料・消費税込み。東京都宿泊税別)
ご予約はホテル公式ウェブサイトより承ります。(3日前までにご予約ください。)
http://www.shibuya-e.tokyuhotels.co.jp/ja/stay/plan/1416118572695.html

■Shibuya MODE Twin Room(シブヤモードツインルーム)基本情報
・10階、11階、12階の角部屋(計3室)
・部屋の広さ 32㎡
・ベッドサイズ 1,200×1,950mm
・ベッドはシモンズ社製、枕はテンピュール社製。その他、前述(特徴)以外の備品は他の客室に準ずる。
※渋谷エクセルホテル東急の客室は全室禁煙です。
■部屋に関するお問合せ先:03-5457-0109(ホテル代表)宿泊予約係まで

【渋谷エクセルホテル東急 概要】
JRほか各線「渋谷駅」直結。2000年4月開業、客室数408室、レストラン3ヶ所、宴会場5ヶ所。
2013年12月、25階フレンチレストラン「ア ビエント」改装。
2014年3月、25階日本料理「旬彩」改装。
2014年5月、5階ラウンジ「エスタシオン カフェ」改装。
2014年1月~6月、客室改装(13階~24階)。2016年5月~8月、客室改装(7階~12階)。
「SHIBUYA Oasis & Entertainment(渋谷オアシス&エンターテインメント)」を基本コンセプトとし、エンターテインメントシティ・渋谷の街の雰囲気を感じられる場所であると同時に、館内に一歩足を踏み入れると、安らぎと落ち着きのある空間・サービスをご提供できるよう努めております。

関連記事一覧

PAGE TOP