外国人観光客向けに「コンセプションホテル」という新しいスタイルのゲストハウスが誕生

この度、株式会社DAIMがプロデュースさせて頂きました、京都市下京区の土地の有効活用プロジェクトにおいて、株式会社ガーネットのご協力のもと、外国人観光客のニーズを踏まえ「コンセプションホテル」という新しいスタイルのゲストハウスを、オープンすることになりました。

株式会社DAIM(大阪府大阪市西区 代表取締役 樋口直樹 http://www.daim.co.jp)は、お客様の「土地の有効活用のパートナー」として、建設会社・ハウスメーカーを「競争入札」・「総合的な視点」にて選定し、「最適な土地の有効活用の総合プロデュース」を行い、お客様、選定した建設会社・ハウスメーカー共に「収益の最大化」、「安定した収益の確保」の実現をすべくサービスをご提供しています。

そしてこの度、株式会社DAIMが京都市下京区の土地の有効活用のプロジェクトをプロデュース、株式会社ガーネット(京都市中京区 代表取締役 中野拓磨 http://garnet-kyoto.co.jp)がゲストハウスの運営者となり、外国人観光客向けのゲストハウスをオープンすることになりました。
≪ゲストハウス名称:ジャパニングホテル八宏園 (Japaning Hotel Hakkoen)≫

現在のインバウンド市場
現在のインバウンド市場では、外国人観光客の増加により宿泊ニーズが急激に増加しています。それゆえ外国人観光客向けの宿泊施設の市場に参入する投資家や企業も多く、旅館業の許認可を得ていない無許可の民泊施設が増し、価格の値崩れや稼働率の減少に繋っております。
また、旅館業の許認可を取得することによって無許可の民泊施設に比べ、広告を掲載できるWEBサイトの範囲は広くすることは出来るが、安価で宿泊できるサービスの提供のみになる為、一過性の売上を価格勝負で繰り返すだけになり、顧客満足度が低くリピーターが付きにくい状態になっています。
つまり安価な宿泊施設を提供するだけでは競争率の激しい市場で打ち勝つことが出来ない為、その打開策として宿泊の提供だけではない魅力的なサービスが必要になります。

「コンセプションホテル」という新しいスタイル

日本文化の体験

日常では出来ないような日本文化を体験して頂くために、コンセプションホテルでは着付け師による無料着付けサービスや茶道などの、「五感で感じる日本の文化体験サービス」を提供しています。

※イメージ図です。

シティホテルのようなデザイン性
机にベッドを置いただけの簡易的なインテリアではなく、インテリア卸より直接安価で買い付けを行い、デザイン性の高い非日常的な空間を体験できるような宿泊施設になっております。

収益の最大化に繋がる土地活用

今後も外国人観光客の増加が見込まれることから、何処にでもあるような宿泊施設を建設するだけでは永続的な利益や経営を行うのは不可能であると考えられます。
そこで、この度のプロジェクトでは、インバウンド市場の需要が高い間は独自性のあるコンセプションホテル(簡易宿所)として経営を行う事で利益の最大化を図り、またインバウンドの需要の減退時には、賃貸マンションに用途を変更し収益を確保できるような仕組みで運営していきます。
「収益の最大化に繋がる土地活用」を実現するためには、経済や市場の動向・ニーズに柔軟に対応できる仕組みを作っておくことが必要不可欠になると考えられます。

土地活用のプロデュースにおけるポイント
建物に可変性を持たせて、“ひとつの「箱(建物)」で 複数の「用途(運営形態)」に対応できる”ようにする。

【施設概要】
所在地    京都府京都市下京区新町通七条上る辰巳町731番地
交 通    JR京都駅より、徒歩約9分
客室数    16室
構造・規模  鉄筋コンクリート造 地上3階建
竣 工    2016年1月(2016年2月から2016年6月にかけて用途変更を実施)

【 株式会社DAIM 概要 】
所在地    大阪府大阪市西区靭本町1-10-24 三共本町ビル12F
代表者    代表取締役 樋口 直樹
設立日    平成26年9月
事業内容   土地活用のプロデュース・コンサルティング/プロパティマネジメント
連絡先    TEL:06-6445-6060 FAX:06-6445-6061
URL    http://www.daim.co.jp

【 株式会社ガーネット 概要 】
所在地    京都府京都市中京区小結棚町445 新町館
代表者    代表取締役 中野 拓磨
設立日    平成21年12月1日
事業内容   ゲストハウスの運営/不動産業/建設業/美容業/飲食業
連絡先    TEL:075-748-1912 FAX:075-748-1913
URL    http://garnet-kyoto.co.jp

関連記事一覧

PAGE TOP