「軽井沢マリオット」が7月29日開業へ、コテージなど全86室、2017年には温泉付き客室棟の増設も ―森トラスト

森トラストグループとマリオット・インターナショナルは2016年7月29日、長野・中軽井沢エリアに「軽井沢マリオットホテル」をリブランドオープンする。2016年6月17日より、ウェブサイトなどを通じて予約受付を開始した。

同ホテルは、日本で5軒目の「マリオットホテル」。長野県内では初の外資系ブランドホテルとなる。約1万2000平方メートルの敷地にホテル棟とコテージ棟合計で86室。2017年には、新たに温泉露天風呂付きの客室など56室をもつ棟を増設する計画だ。

なお、7月29日から12月28日宿泊までの期間限定で、開業記念宿泊プラン「ブリリアントホリデ-(Brilliant Holiday)」を提供する。

詳細は以下ウェブサイトまで。

トラベルボイスより転載 www.travelvoice.jp

関連記事一覧

PAGE TOP