【宿プロデュース:考】黒企業系居酒屋 わた○に行ってみて思う

先日、ゆかたとネットに関連して会社の近くの某ブラッキー居酒屋に行きました。

さて、何年ぶりだったでしょうか?
少なくとも3、4年は行ってないですね。

《私が行かない理由 その1》美味いものがない

そこそこ全国の美味いものを食べ歩いているので、できる限り美味しい料理は飲みの場も幸せにしてくれると思っています。
しかし、数年前に行ったその居酒屋では幸せを感じられず、とにかく安くて美味くないものばかりでした。

《私が行かない理由 その2》 うるさい。

まー一時期のマクドナルドと一緒で、激安にすると柄の悪い学生や社会人で溢れます。当然、客単価の取れるお客様はそんな場所で飲みたくないので、離れます。 当たり前ですよね。

《私が行かない理由 その3》 良い噂を聞かない

これって相当ダメージありましたね。ブラック企業の権化のごとく日々ニュースを賑わして、経済系のニュースでも「改善施策がことごとく失敗して、、、」 なんてことばかりでした。そんな悪い噂しか流れない店に、あえて行く必要がないので行きません。

そんなその1から3まで出てきてしまう某ブラッキー居酒屋に、なぜ行ったのか?
簡単です。ほかの店が満席で空いてなかっただけです。
もっと行きたい店は2、3軒ありました。しかし花の金曜日で、どこも満席オンパレード。
唯一空いていたのが、ブラッキーでした。

感想を一つ述べると、
「変わってない。。。」

やっぱりそう簡単に企業って変わらないですよね。
たまたまかもしれませんが、入店時(20時頃)は空いてていい感じでしたが、
10分も経つと20名の男性スーツオンリーの団体が来て、少し離れた席でも会話が一部成立しないくらいの声ボリューム。
最近の学生でも、そんなどでかい声出して怒鳴らないよなーって感じでした。
それに、頼むメニューはどれも見た目と同等、またはそれ〇下。

頑張っていそうな女性店員さんが、「となりのグループがうるさいので、喫煙席ならお席のご用意ができますが?いかがでしょうか。」
とお声をかけて頂きましたが、丁重にお断りしました。一部の社員さんは必死に頑張っていますね。

でも、あの料理で、あの店作りで、あの客層。
やっぱり二度と行きたくないなーって思ってしまいました。

これってブラッキーに限ったことでしょうか?
いえいえ、宿や観光地でもおなじようなことはたくさんあります。

観光地についていきなり、地元のガソリンスタンドのトラックに思いっきり煽られたり、宿のチェックインで決して歓迎している顔には見えない表情での”いらっしゃいませ”。

そこであるあるではいけませんね。
解決、改善するにはどうすればいいか?です。

私のこれまでの経験や経営相談をした際の印象では、自主的に解決、改善できていればとっくの昔にできているはずです。
手段方法が分からない場合も当然ありますが、多くが改善行為の実行を後押ししてくれる存在が居ないことが原因です。

これは決して宣伝でも何でもありませんが、事実です。

関連記事一覧

PAGE TOP