【宿プロデュース:考】 宿でポイントカード?要る?要らない?

大会社の商売と中小企業の商売を勘違いしている人が多すぎます。

宿でポイントカードって必要です?

はっきり申し上げて要りません

逆に聞きたいのが、

ポイントカード要りますか?

ポイントカードが無いと繋ぎ止めできないようなサービス提供されていますか?

ポイントカードを見せないと、リピート客と新規客の区別つきませんか?

中小規模の宿あれば、年間の宿泊組数はせいぜい1万組です。

そのくらいの顧客情報を覚えないで、大手企業の宿に張り合えるわけがないです。

その程度の顧客情報管理をクリアした後に出てくるのが、ポイントカードです。

ポイントを貯めるのを楽しみにしてもらいたい?

なんで年1回か2回行くか行かない宿のポイントカードを、お財布にいれなければ

いけないのでしょう?

お財布に溢れるポイントカードをこれ以上増やしたい人は、比較的少ないですよね。

a0001_002906.jpg

そんなポイントカードサービスを提供される側からすると、

「 こんなことしないと覚えてくれないんだ・・・ 」 

と思われて、終了です。

本来であれば、

声で分かる、鼻息で分かる、気配で分かる

を目指しましょう。

出来ない?

出来ないと思い続ける限り出来ません。

とりあえずは、出来るかもしれない・・・くらいを考えてみましょう。

志向と現実は意外とどこかでつながっているようです。

ポイントカードが無くても、忘れられないような商品を提供しましょう。

ポイントカードが無くても、繰り返しのお客様を一瞬で判別できるようにしましょう。

そうすれば、1枚数十円のカード型のゴミを配る必要はなくなります。

そうすれば、数万円のカードリーダーとそれを管理する数十万円のシステムは不要です。

その無駄な投資をしない代わりに、一緒に働くみんなで美味しい食事でも

行ってみてはいかがですか?

簡単にサービスレベルがアップしますよ。

関連記事一覧

PAGE TOP