【旅館再生:考】 旅館再生:考 終了のご案内

旅館再生:考.jpg

結構そこそこのPVのある当旅館再生:考 シリーズでございますが、

突然でございますが、旅館再生:考 終了致します。

私の名刺にも書いてあります、

   ~ 旅館再生と経営者支援 ~

を名刺交換で渡した時の大抵の反応は、

 『 へーーー 、旅館再生ですか。 面白そうなお仕事ですね。 』

と言われます。

名刺交換だけでこれだけ盛り上がれるネタはあまりありませんが、

私自身としては違和感をこの2年間感じておりました。

『 旅館再生と言っても、再生させていない・・・・ 』

そうなんです。再生させていないのです。

私の認識では、再生ではいい感じにならないのです。

民事再生法に代表される言葉、 再生

民事再生法で債権カットなどを行った会社が倒産せずに残っても、

5年後の生存率は2~3割です。

そこには様々な理由がありますが、私の考えとして根本的に再生ではいけないのです。

再生は、言葉のとおり再び生きることです。

辞書(大辞泉)には、こうあります。

1、衰え、または死にかかっていたものが生き返ること。蘇生。

2、心を改めて正しい生活に入ること。更正。

3、再びこの世に生まれること。再誕。

1、はまさに黄泉がえりです。これでは、残念ながら過去の経営的病は治りません。

2、は良さそうですが、根本が変わらず再犯率が高いのです。

3、は経営的には全く違う意味です。

私の考えは、再び生きてはいけないのです。

再び生きるのではなく、変わることが最大重要事項なのです。

私が支援しているお宿様にはいずれも変化をもたらします。

変化が嫌いでも、気付いたら変化させてしまいます。

そして、笑顔を取り戻させます。

結果的にいい感じになっています。

そこで考えたのです。

『 俺がやってるのは、、、再生じゃない。。。 』

『 再び生き返らせたら、また同じ過ちを犯してしまう。

 同じ過ちを犯させないために、悪い部分を変えるのが私の仕事。 』

と考えていると、

再生じゃなくて、創造だ。

まさに当社のコンセプト創造研究所 のタイトルの通り、創造業なのです。

お部屋のリニューアル、料理開発、宿泊プラン開発、オペレーション開発、

経営者のマインド変化、社員さんのモチベーションアップ、銀行交渉、

HP業者選定、人材採用、設計士選定、接遇研修などなど、

完全に創る仕事です。

ということで、違和感を解消するために日々書き綴っている

旅館再生:考

を止めて、新シリーズ開始します。

名付けて、

旅館プロデュース:考

YES! しっくりくる!

今後ともご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。

関連記事一覧

PAGE TOP