【旅館再生:考】 希少性は価値になる①

 

希少性は価値になる

最近話題の伊勢神宮 式年遷宮

20年に1度に社殿を造りかえるイベントです。

最近では様々な旅番組が放送されていますが、

どの番組でも一回は放送されているのではないでしょうか?

DSC00458-1.jpg

そのくらい話題のイベントです。

ではなぜ全国からこのイベントに集まるのでしょうか?

伊勢神宮だから?

最上位神社だから?

間違ってはいませんが、やはりこれですよね。

20年に 1回

20年一区切りと言いますが、

この絶妙な期間設定が感覚的に長すぎず、短すぎずの

ほどほど長い

を発想させて希少価値を高めているのです。

100年に1回ではありがたみを感じにくいですし、

4年に1度ではワールドカップに埋もれてしまうかもしれません。

さて、この希少価値。

原理原則として覚えておかないといけないのです。

タイトルの通り、希少な事は価値があるのです。

例えば、動物園の人気動物で例えましょう。

上野動物園 パンダに年間数百万人が並びますよね。

日本国内に居る11頭の内、2頭が上野動物園にいるのです。

4200万人口の関東圏に2頭のパンダですので、

2100万人あたり1頭のパンダしか拝めないのです。

希少ですよね!

だから価値があるのです。

白黒であどけないキャラクターだから価値があるのではないのです。

(語弊があったらごめんなさい)

白黒であどけないキャラクター で言うのであれば、

a1370_000303.jpg

牛でも行列ができます。

でも、並びませんよね。

関東圏には15万頭のホルスタイン牛がいるそうです。

パンダの7万5000倍珍しくないのです。

では、なんでも希少は価値があるの?

答えは、YES!

そうも言い切れない場合もありますが、とりあえずはYES!

と思っていただいてOKです。

一番の問題はそこからです。

お客様に、希少性の価値を見出してもらわないといけない。

ここが何よりも大切で、多くのお宿がここを諦めて

供給過多に自ら進んで苦しむ

という悪循環が起きてしまいます。

これ以上進めると迷ってしまうかもしれませんので、今回はここまでに留めておきましょう。

この次は、【旅館再生:考】 希少性は価値になる② で!

忘れずに!

希少性は価値になる

関連記事一覧

PAGE TOP