【宿プロデュース:考】どうもお久しぶりです。伴でございます。

皆さまお元気でしょうか?

メルマガもブログもHPの更新もご無沙汰しております、コンセプト創造研究所の伴でございます。

前回の投稿から約半年ぶりのブログ更新です。いやー長かったですね。半年もコンセプト創造研究所から離れていると『旅館』とか『ホテル』っていうキーワードを言われてもピンときませんね。

っていうのは冗談で、ちゃんとコンセプト創造研究所の仕事しておりました。ただ、HP更新やSNS関係、メールの返信等ほとんどしていませんでした。

というのも、会社名を変えて株式会社バンディエゴとなってから、動画のプロモーションに集中していまして、そちらの方向性がある程度定まってきたので、コンセプト創造研究所の今後を考える余地が出来たということで、ブログ更新しています。

もう半年間も更新していないHPなのに、1日20人~40人くらい訪問者さんがいらっしゃいまして、長時間ページ滞在されている方もちらほらいらっしゃいます。

100ページを超えてブログを読んでいる方も結構いて、これまでの苦労は間違っていないなとアナリティクスを見ながら確信をしていました。

さて、これからのコンセプト創造研究所ですが、閉店は致しません。生まれもって宿屋なので、どうしても離れられません。ただ、これまでのように毎月宿に訪問しながらアドバイスし、宿の改善アドバイスや提案を行っていくスタイルは現実的に難しく、変えていこうと思っています。

これからの2年ほどは動画プロモーション事業を確立していきたいと思っていまして、主としては東京におります。新規でコンサルティングを行う場合でも、最初の一度、二度は宿に私が行くことがあると思いますが、その後は私の片腕が行ったり、東京にお越し頂いたりしてコンサルティングを行う流れとなります。結構な数の宿の改善をこれまで行ってきて、これが十分な方法とは思っていませんが、それでも当社の力が必要という宿があるというので、出来る範囲で力になっていきたいなと思っております。

私と同等の能力、考え方、体力がある片腕が生まれましたら、また通常のコンサルティングの流れに戻していきたいと思っています。

数年前に書いたブログなどを改めて読んでいると、書いてある予測が結構リアルになっていて、なかなかいい事を書いてるなぁと思いました。今後宿業は大きなシフトチェンジの時代を迎えると思います。それまで存在していた価値が、価値ではなくなり、安くしても売れない時代がすぐそこに来ています。お客様がお金を払うに値する、新しい価値を見つけないと大変なことになりますよ。新たに出店するショッピングモールとかを見ていると、まさにそれを感じますよね。経営者が20年先の事業を夢見ていないですね。需要にしか対応しない商品供給をやりすぎて、新しいものを創るマインドがなくなっていますね。

新しい物ばかり追いかけていても結果が伴いませんが、同時進行で新しい何かを作っていかないと企業に吹き飛ばされますよ。

 

株式会社バンディエゴ 代表取締役 伴 智之

 

関連記事一覧

PAGE TOP