【宿プロデュース:考】コンセプト創造研究所の今後

おひさぶりの投稿です。

皆さまお元気にされていらっしゃいますでしょうか?

最近めっきりブログの更新をしていなくて、死んだんじゃないか?仕事辞めたんじゃないか?なんて言われていますが、しっかりと生きてしっかりとバリバリ働いています。

さて、もう疲れました。。。とタイトルを載せてしまい更なるご心配をおかけしてしまい申し訳ありません。このお仕事を6年間行ってきて、既に50軒近くの宿の再生や事業向上に向かってきて参りました。共に苦しみ、共に悲しみ、共に笑い、共に喜んできました。実家である伴久ホテルが東日本大震災後倒産し、少しでも業界の役に立てればと思いこの仕事を始めたわけでございますが、正直な話、私の実家での経験以上の難しい相談をこれまで受けたことがございません。すべて「まー何とかなるな」、「だいたい〇ヶ月でこの辺まできて、1年半でイケイケだろうな」という感じで、共に改善に努めてくれた宿については全勝だったと思いますし、その他も9割後半の勝率だったと思います。

全てのご相談やコンサルティングにおいて、違ったストーリーが待っていて仕事としては大変面白いのですが、6年間も同じ仕事をしていると勘は鋭くなり、最初の2、3回の訪問で成功ストーリーが見えて、あとはその成功ストーリーを構築していくだけの仕事です。言葉を間違えると「簡単な仕事」でして、初期の頃の興奮が同様かというと同じではなくなりました。

この1年程の間、この状況を考えてみたところ、刺激が足りないということに気づきました。ついては、業務の方向性について再構築していこうと考えております。

コンセプト創造研究所を屋号としておりますが、社名は株式会社TRIM(トライエム)でございます。この社名をこの7月に変更しました。

新しい社名は株式会社BAN DIEGO(バンディエゴ)。私の第二の故郷サンディエゴから由来しています。

 

 

 

心機一転新たな分野への取り組みを始めていきたいと思っております。年内に新規でお受けできるお仕事はせいぜい1、2軒と思います。来年は何軒お仕事を受けられるか分かりませんが、ただいま請け負っているお仕事はバリバリやっていきますので、ご心配なく!もし本気で困っているお宿様はお早めに。<m(__)m>

 

写真は、先日伊豆稲取温泉で頂いた、豪快過ぎる金目鯛寿司です。どでかいシャリにどでかいネタ。二貫で舌が〇〇〇でしたww。

関連記事一覧

PAGE TOP