【宿プロデュース:考】 本格的改善効果まで9~12か月かかります

無料経営相談の時によくある質問。

Q: 「 よくなるのにどれくらいの期間を見ればいいんでしょうかね? 」
A: 「 はっきり言って宿さん次第ですけど、本格的に良くなるのは9か月はかかりますね。はい。 」

a0001_007841.jpg
(私は禁煙家です。)

どこに行っても同じお話をしますので、あらかじめ載せておきます。

はい。

約1年ですね。

それまでに結果が出なかった宿は、過去に1軒です。

今でも、これからも私の脳裏に深く深く刻まれた宿さんです。

それ以外は、はっきり言って目指す改善にはすべて達していると思います。
その後の状況をお聞きしても、ちゃんとキャッシュで回る経営をされている

ところがほとんどですし、コンサルティングしているのに、新規融資を引っ張って何かするなんて愚行ですよね。
借金減らすためにやってるのに、増やしてどうすんねんって思います。

私は、借金の怖さは割とよく知っている方だと思うので、キャッシュフローの安定を目指した経営をしてもらいます。それが当社の財務コンサルティング方針です。

たまにおっしゃる方がいらっしゃるのですが、
「 そっかー1年かー。その前に潰れちゃうかもしれませんよー。
なんとか半年くらいで予算達成とかならないですかねー。 」

おっしゃる意味は分かります。 コンサルティングに9か月も1年間もかけてられない。その通りだと思います。しかし、その発想(思考)が宿の不調原因だったりするんですよね。短期的に売上を上げる方法ですとか、良く見せる方法ってあるんです。

しかし、短期的に上げたものは、短期的に下がるのが、世の定め。

短期上昇短期下降.png
上記図のようにえぐるように落ちていきます。
本当にえぐります。 クチコミは急降下しますし、売上は下がりますし、社員の士気が下がります。
当社が考える本格的改善までの9か月から12か月を図にしたものは、以下の通りです。
売上の上昇下降.png
良くなるにも段階があるのです。
小学校低学年で足し算引き算を覚えて、それから掛け算割り算。
それから微分積分を習って、その先に物理、その先に専門分野と段階があります。

その段階を無視してやってもいいのですが、いきなり微分積分って言われても訳が分かりませんよね。

当初の5か月から6か月は、経営者の方のマインドチェンジ期間だと思ってコンサルティングを行います。
調子の悪い宿は、独特な調子の悪くなる思考をしてしまいがちなので、それを変えるのにやはり半年間はかかってしまうのです。

そこを飛ばしていい状況になった試しが無いわけではないのですが、結果的には遠回りするパターンがほとんどです。
やはり最初は足し算引き算が大事なのです。

ちゃんと基礎が出来てくれば、その先は解くべき問題ドリルを順番にこなしていけば、あるべき姿になります。

そして転換点が約9か月から12か月目に迎えるのが、当社がコンサルティングする宿の多くに見られます。

さぁ。 12か月間、我慢できますか?

コンセプト創造研究所 改善スケジュール.jpg

関連記事一覧

PAGE TOP