支援実績 J社 改善課題:露天風呂付客室の稼働率が上がらない

改善課題:露天風呂付客室の稼働率が上がらない

旅館タイプ
客室:20室~40室規模
エリア:西日本エリア

■ファーストインプレッション

現場で露天風呂付の客室を拝見すると、確かにどこにでもあるような平凡な「露天風呂が付いている和風の客室」でした。稼働率が上がらない理由は明確で、「露天風呂付客室」を望むお客様が何を望んでいるのか?を理解して、それに向かって改善をしていけばいいだけです。ただ、問題はそれだけではありませんでした。

■改善前

過去3年間の無駄な投資 6000万円

あれもどこかで見たことがある。これもどこかで見たことがある。それもどこかで、、、。そんな宿です。全国の有名宿の良い所採り的な宿になってしまい、特徴がありそうだが特徴が無い過剰投資な宿になっていました。既存客室2室を潰して、露天風呂付客室へのリニューアルも行っていましたが、稼働率は予定の70%が25%と散々な状況でした。

■改善アクション

・露天風呂付客室の再商品化
・部屋タイプ別の料金変更
・写真撮影
・宿泊プランの変更
・宿名の変更

■改善後

売上前年比 140%

これまでの投資は、投資段階では無駄ではありませんでした。しかし、投資にマッチした売り方と結果が付いてきませんでした。まず、露天風呂付客室の再商品化として、男女モデルを起用して写真撮影を行いました。そして、若いカップル向けのアメニティセットをプレゼントし、夕食には特別料理一品を追加。そして、稼働が悪いので大幅に下げた料金を20%アップ。部屋食が可能な宿だったために、露天風呂付客室のプランは全て部屋食に変更。また、他の部屋タイプの料金もバラバラでつながりが無かったので、それぞれの特色を生かして3部屋タイプから5部屋タイプに増加。リフレッシュオープン時にはキャンペーン料金を設定し、稼働を80%までアップ。その後1年をかけて本来の料金にまでアップさせて露天風呂付客室の部屋稼働は70%後半で維持。宿全体の売上は前年比140%と10数年ぶりの売り上げに回復。

※本支援実績においては、コンサルティング契約において実施している指導内容の一部を掲載させて頂いております。

 

関連記事一覧

PAGE TOP