【宿プロデュース:考】 将来、宿のあるべきセルフイメージを高くする

宿の再生を図るときに必要になるのが、経営者が思う

将来、宿のあるべきセルフイメージを高くする

ことです。

日本語に直訳すると、将来像です。

将来どんな宿になっていたいか。どんな宿に近づきたいか。

を思うだけでは十分ではなく、具体的にどうあればいいかをイメージさせる

ことが実行段階で弾みをつけるためにも大切です。

例えば、1年後に自社はどのような会社になっていたいですか?

そんな質問に

「 働いている社員の笑顔がいつも絶えない会社。 」

なんて答えをよく聞きます。

a0027_002156.jpg

素晴らしいお答えですし、働いている皆さんが笑顔になれれば、自然とお客様への

サービスも安定、向上しますよね。

でも、です。

ここからがもっともっと大事なのです。

「 働いている社員の笑顔がいつも絶えない会社。 」

ってどんな会社かイメージ出来ていますか?

ポジティブイメージを持つことは非常に重要なのです。

「 働いている社員の笑顔がいつも絶えない会社。 」

が実際にどんな副産物を生んでいるのかを見ることで、よりイメージへ近づきます。

しかし、

「 働いている社員の笑顔がいつも絶えない会社。 」

ってどんな会社ですか?

想像の域を脱しないものは、実現性が低かったりします。

そうです。本当に

「 働いている社員の笑顔がいつも絶えない会社。 」

を見て、感じて、笑顔でいることの大切さを身を社員さんと一緒に知ることで

実現性は飛躍的にアップします。

でも、そんな会社は、、、 とお思いの方が多いので、私は

いい会社の法則実行委員会 主催の勉強会 をご紹介しています。

ekaishalogo.jpg

いい会社の法則実行委員会では、いい会社企業視察を行っています。

DSC06727-1.jpg

いい会社の理念を基に、日本全国から厳選されたいい会社を学ぶ場を提供しています。

私も過去に集中していい会社視察を行う合宿に3回、4回参加しておりまして、当社が

目指すいい会社を増やす志をより強く支えてくれています。

ただし、企業視察については3回以上各地で行われている勉強会に参加することが

必須となっております。

いい会社を学ぶ姿勢がしっかりしている方でありませんと、視察先の企業様に失礼が

あるということもあって、勉強会の参加をお願いしています。

ぜひ、まだ見ぬびっくりするようないい会社を学びたい方はご参加ください。

http://e-kaisya.co.jp/

基本的には当社代表は毎回参加しておりますので、ご紹介できます。

どうぞお気軽にお声がけください。

関連記事一覧

PAGE TOP