【宿プロデュース:考】 どちらかと言うとじゃらんネット得意ですツイート

私はじゃらんネット推しです。

別にじゃらんネットからスポンサードがある訳でもなんでもありません。

単に旅館経営時代より得意だからです。

色んな場所で申し上げていますが、イチから組み立ててHPで集客するまでは

すこし時間が掛かります。

もちろん手数料がない世界を作るのが最終目標ですが、そこまでに

会社が持てばいいのですが、途中でスタミナ切れしてしまっては目的達成ができません。

そこで、そこまでのつなぎとして最適なのはじゃらんネットと思っています。

では、なぜそこまでじゃらんネットを推すのか?

4つの理由でご説明しましょう。

(1) 手間がかからない

部屋在庫管理・プラン設定・写真登録などなど、楽天トラベルやその他の予約サイトで

行う基本登録部分は一緒です。

しかし、大きな違いがあるのです。

それは、お客様を魅了する部分が極端に少ないのです。

基本的には、写真、プラン名、プラン内容をどうにかすれば売れてしまう。

それがじゃらんネットです。

逆に、楽天トラベルはページを作れるという自由度が高い分、がんばった分だけ

ページが派手になって、情報量が増えて・・・ となります。

HP制作の知識がない人にとっては大変な予約サイトですよね。

(2) 温泉・旅館系宿に強い

元々、楽天トラベルはビジネス系、じゃらんネットは温泉旅館系と棲み分けが

されていましたが、最近では楽天トラベルが温泉旅館系に力を入れてきています。

しかししかし、全体的に見るとやはり楽天トラベルはまだまだビジネス寄りですね。

そもそも、ページの彩色にも温泉に力を入れているのがよくわかります。

じゃらんネットのロゴってどういう色か覚えていますか?

http://itm.news2u.net/items/output/88079/1/1024

オレンジ?ですよねーーー。オレンジは暖色ですよね。暖色は、温かみのある色ですよね。

温かみがあるといえば、、、、温泉ですよね。

本当かウソかは、信じる人のみ救われる!

じゃらんは温泉旅館推しです!

(3) 弱肉強食理論が成り立たない

私が考える、じゃらんネットの最大の強みはここです。

通常であれば、一般的に言われるいい宿はいい宿なりなのです。

悪い宿は悪い宿なりに見えるのです。

しかし、じゃらんネットは前述のとおり、

基本的には、写真、プラン名、プラン内容をどうにかすれば売れてしまう。

のです。

逆に言えば、販売商品がたくさんある宿でも表現できる範囲は限られているのです。

そうです。

戦うステージは一緒なのです。

もっとイメージしやすくすると、

楽天トラベルはひろーーーーーーーーい部屋でダンスするイメージです。

dance-studio-2.jpg

いいダンサーは体いっぱいに表現することができます。

悪いダンサーは下手さが目立ってしまいます。

でも、じゃらんネットでは、

Big-Life.jpg

いいダンサーが飛び跳ねようと思っても、飛び跳ねるスペースはありませんし、

あまりダンスが上手ではないダンサーでもいいダンサーと同じく振る舞う

ことができるのです。

基本情報ページの写真サイズはどのくらいか覚えていますか?

room04-3.jpg

たった300ピクセル×225ピクセルですよ。

こんなサイズでは、どんな広いお部屋があろうと、どんなにおいしそうな料理だろうと

どんなに綺麗な景色だろうと、表現範囲は限られます。

どうでしょう。これで分かりますか?

表現の自由がないということはある意味、販売テクニックを養成するにも

良い場所と思います。

限られた資源の中で売れるなら、楽天トラベルでも十分売ることができるはずですよね。

あらためて最後に申し上げますが、

じゃらんに肩入れする理由は何もありません。ただ、売れない宿を売れる宿にする

のに一番近道がじゃらんネットだと思っていますし、実行しているからご紹介

しています。

誤解のないようにお願い致します。

関連記事一覧

PAGE TOP