【宿プロデュース:考】 『いい宿』の作り方勉強会 全国で開催!

「いい宿」の作り方勉強会

全国で開催させて頂いております。

DSC00845-1.jpg

少しでも宿の経営が楽になったり、集客の悩みが解消できればと

思い、私が知りうる知識を時間内に可能な限りお伝えする勉強会です。

宿の経営者の方々や、宿で働く皆さんを対象にしていまして、

過去に全国23回開催させて頂いております。

開始してからほぼ毎月のペースで開催しておりまして、基本は参加費無料で

行っていましてこれからも継続していこうと思っています。

そんな会を主催する私 伴でございますが、最近一つの悩みがあります。

以前のように会場を貸してくれないというのも、開催を重ねたおかげか無くなってきまして、

新たな問題があります。

それは、私の告知が十分でないせいか

無料相談を頂くお宿様が「いい宿」の作り方勉強会を知らないのです。

当然、知らなくても良いのですが、一度は周辺で開催しているにも拘らず

ご存じでない方が多いのです。

「いい宿」の作り方勉強会でお会いしていれば、その場で相談に乗ることもできますし、

当日の宿泊をそのお宿様にさせて頂き、生ビールを交わしながらざっくばらんな

お話もできるのですが、

皆さん知らないのです。。。。

「いい宿」の作り方勉強会 が本当に近所で開催されているのに、

知らない方が多いのです。。。。

メールなどでご案内はさせて頂いておりますが、ジャンクメールになっているのか、

何かの売り込みメールと勘違いされて削除されてしまうのか、分かりませんが

無料相談を頂いたお宿様にはよく

『えー来てたんですか?! 知らないですよー。 参加したかったです。

 次回は絶対教えてくださいね。 』 と言って頂くことが多くなってきたので、

少し悩んでおります。

この問題に対しての解決手段は、

 ① DMなどの告知手段を増やして、接触回数を増やす

 ② 告知時期を前倒しして、催行参加者人数を設定して開催する

 ③ 地域内で情報を回覧して頂く

①’ お金をかければかけるほど胡散臭さが出てくると思うので、私の意向とは

  逆効果になると思うので、ほどほどがイイと思います

②’ このような場合、告知時期を前倒ししても、告知手段に問題があるので、

  本質的問題に焦点が当てられない事から、くじ引きのように 『待ち人来ず』になりがち

③’ これが今考えられる『えー来てたんですか?! 知らないですよー。』を解決

  する最良手段と考えています。組合等の集まりで告知して頂いたりできれば

  いいなーと思います。

こんな図々しいお願いですが、割と頑張って約2時間お話しさせて頂いています。

以前にもご紹介していますが、特に売りこみも何もしません。

旅館ホテル・民宿・ペンションなどの中小企業の応援として、何かが出来ればと

思い開催しています。

もしご興味がございましたら、ご連絡下さい。

可能な限り時間を調整して、参上させて頂きます。

関連記事一覧

PAGE TOP