【宿プロデュース:考】 旅館ホテルコンサルティングの奥義

以前にも話題にしたかもしれませんが、ご相談頂く際に

『伴さんの得意技でちょちょいのチョイっとやってくださいよ。』

的な事を言われることがあります。

CIMG0151-1.jpg

北斗の拳で言う、『秘孔』を突いてもらいたいということだと思いますが、

残念ながら私はムッキムキでもありませんし、指はケンシロウほど太くありません。

あくまでも最初はお客様目線で宿を分析し、その次にプロの視点で分析、

そして目指す方向を考えて、そこに行きつくまでの方法(戦略・戦術)を考えます。

どうでしょう。

ぶっとい指なんて使っていません。

あえて言うのであれば、この当たり前のプロセスが奥義かもしれません。

『お客様が喜んで、また来たいと思えるような宿にする。』

それが一番効く奥義なのでしょう。

それを淡々と粛々と一歩一歩前に進めていくのが私の仕事です。

そして、いい感じになっていることが私の目標です。

関連記事一覧

PAGE TOP