【旅館再生:考】 ブラック企業とは?

ブラック企業、ブラック企業、ブラック企業、、、、

私がこの言葉をしっかりと意味を認識できたのは約1年前くらいです。

簡単につかっているけど結構難しい言葉、『ブラック企業』

さて、そんなブラック企業で検索してみると、我が学び舎ドン・○ホーテ社も

ブラック企業らしいです。

24時間営業で、深夜労働があるから?

私からすると、超勝ち組企業のノウハウを給料をもらいながら働けることに

喜びを感じていたし、周りにもそういう人は多かったと思います。

某企業の亡くなった方の件は残念ですし、二度と起こらないことを祈りますが、

こういう風潮はどうなのでしょう?

私の個人的見解では、ブラック企業があってこそのホワイト企業であり、

そもそもブラックの定義範囲が広すぎて、なんでもブラックになってしまうのは

どうかなと思います。

世界どんな国に行ったって業界をリードするバリバリの企業は忙しいです。

楽して稼ぐのは難しいです。

忙しくて休む暇がないカテゴリーで言うと、小学校の先生なんて本当に忙しいです。

休んでいません。

だからブラック企業(小学校)?

ド○キの新店オープン時は、朝まで働いて大変清々しい疲れでしたし、その時の

経験は今の私を支えてくれています。本当に感謝しています。

競争に負けたくなかったので夜も夜遅くまで率先して働きましたが、

楽しかった思い出ばかりです。

どうもお金を軸とした、時間や労働条件などで仕事を判断すると、

ブラックか ホワイトか

という議論になるような気がします。

a1370_000302.jpg

恐らくド○キの時は、寝るとき以外は戦闘モードだったので、毎日10時間の

残業だったかもしれません。(営業職だったのでタイムカードはなかったような気がします。)

でも、お金では得られないような経験や楽しさが得られる最高の時間を過ごしました。

私は、そういう会社があってよいと思いますし、あるべきと思います。

仕事が原因で心の病になる方が増えているのは知っていますが、

バリバリ働きたい人もいるのです。

そんな人材の受け皿がブラックと呼ばれるのはどうなのかな?と思います。

話は、旅館ホテルに戻しましょう。

あるブラック企業の定義を自らの業界に当てはめると、みんなブラック旅館や

ブラックホテルになってしまいますね。

でも、私が知りうる範囲ではお宿で働く人は、みなさんお宿で働くのが楽しいのです。

癒しの温泉や、おいしい食事や、楽しいひと時を提供できる仕事に就けることに

喜びを感じて働いているはずです。

幸い、お宿業界はまだブラック定義がされていません。

そうならない為に大切なのは、

働く一人一人がお宿を愛し、お宿の成長を自らの成長

と思ってもらえるような環境つくりです。

a1470_000031.jpg

優秀な人材をトヨタ自動車に取られることなく、お宿に入社してもらうためにも

明確で分かりやすい環境つくりを急ぎましょう。

”なんとなく出来ている” を ”十分できている” に変えましょう。

※ブラック企業を肯定しているわけではありません。ある意味で、存在しても良いと思います。

そして、そこに入る人は良く会社を調べて入りましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP