【旅館再生:考】 一人旅プランの作り方①

 

出張で観光地に泊まる時に、

一人旅(ひとり旅)の宿泊プランを見る機会が多いのです。

a0055_000050.jpg

当然、ビジネスホテルを利用するのが一番簡単ではありますが、

仕事柄いろんな旅館ホテルに泊まってみたいという思いから、

まずは旅館でじゃらん楽天トラベルで探します。

でも、いつも困るのです。

なぜなら、旅館の一人旅プランはとっても高い?からです。

ビジネス出張なので寝る場所とシャワーを浴びられれば十分なのですが、

やはりビジネスホテルの狭くて弱いシャワーでは疲労回復が半分です。

ストレス満載のビジネスマンの横でチェックインして、眉間にしわを寄せた

ビジネスマンと一緒にエレベーターに乗るよりは、温泉でニコニコ顔になった

お客さんと一緒にエレベーターに乗りたいものです。

でも、それを許してくれる旅館は少ないのです。

一人旅プランでビジネスホテルと旅館の料金が異なるのは、元々の

ビジネスモデルの違いから由来するものです。

ビジネスホテルでは基本1名1室、または2名1室での宿泊を基本とし、

旅館などでは10畳間であれば定員5名が基本です。

部屋数の稼働率を基本とするビジネスホテルと、

部屋当たり定員稼働(1部屋に入る人数)を基本とする旅館の違いが

この差を生みます。

しかし、10畳間に5名で入るというお客様は、当然私が多く利用する平日では

ほとんどいません。せいぜい2、3名です。

ということを考えると、

1部屋あたりの売上は2名を基本として考えるのであれば、

2名1室利用 合計 30000円(15000円×2名)

ですね。
          ・・・・・

3名1室利用 合計 42000円(14000円×3名)

4名1室利用 合計 52000円(13000円×4名)

5名1室利用 合計 72500円(12500円×5名)

と続きます。

ここです!

どうしても定員稼働や3名1室利用と比べると、その1名1室利用の場合の

売上差が大きくなってしまうので、それを埋めるという意識がどうしても

発生してしまい

1名1室利用 合計 20000円(20000円×1名)

となってしまいます。

急に5000円アップ??? 高いですよね。

money01_a03.png

私と同様に温泉に入りたいビジネスユーザーは

たくさんいるはずです。

同時に、ビジネスで泊まった宿の印象が良ければ、

後で家族を連れて旅行に来ようかなと思っている方も

たくさんいるはずです。

平日の部屋稼働が5割を上回っている宿は少数派です。

「5名で旅行しているのに、1室1名で5室利用されるかも」と思うかもしれませんね。

でも、そんなお客様は年に1回あるかないかです。

そんな小さなことを気にするよりも、

『やっぱり広いお風呂は最高だー 温泉で疲れが全部取れましたー』

の一言をもらうことを考えてみてはどうでしょうか?

出張族にとっては車で10~15kmくらいは訳のない距離ですよ。

20~30分走って疲れが全部取れるなら、私はその宿を選びます。

一人旅のお客様を見直してみましょう!

新たな発見があるはずです。

関連記事一覧

PAGE TOP