【旅館再生:考】 変わるから変わる。変わらないから変わらない

 

変わるから変わる。変わらないから変わらない。

旅館再生あるあるです。

『変わると変わるんです。変わらないと変わらないんです。』

3 に 2 を かけると = 6 ですよね。

何度やっても = 6 ですよね。

でも、

3 に  を かけると たちまち = 9 になるんですよね。

不思議ですよね。

100回、1000回  3×2 をしても 答えは6 しか出てこなかったのに、

2 を 3に変えたら いきなり 9 になるって。

でも、これはコンサルティングの現場でも一緒です。

変わると変化が起きます。 変わらないと、やはり一切の変化は起きません。

当然これまでのやり方がしっくりきますし慣れているので、

新しい事を取り入れるのは面倒ですよね。

右利きの人が、

『1か月間左利きになってみてください。』

と言われたら、最初の3時間で嫌になります。

人間は楽をしたいという欲を活かして、発明や発展をしてきました。

楽をする為には、変化を起こし、努力し、継続が必要です。

そうすることで、発明や発展が起こります。

偉大な発明家 エジソン も変化を起こし、努力し、継続してきたはずです。

旅館再生においても一緒です。

楽をしたいのなら、まずは変化を起こすしかありません。

そしてその変化を起こすために、変化を享受しなくてはいけません。

でも、これって一番難しいところです。

多くのケースで、変化を享受するにあたり過去の自分を否定しなければ

いけない場面が多々あります。

自己否定ってしたくありませんよね。

正しいと思ってやってきているし、その為に相当の努力はしている。

その努力を?『無駄だった』?と思わなければいけないケースも

あったりします。

しかし、その『無駄だった』と思うことこそが 『変化』 だったりします。

『変化を恐れず、こつこつ休まず前進。』

私は苦境に立った時は、この言葉を心で唱えて前進します。

関連記事一覧

PAGE TOP