【旅館再生:考】 コンセプトメイクはお宿再生一丁目一番地

『コンセプトって必要ですか?』

私がコンセプトメイクに、3ヵ月以上要した時に言われた言葉です。

見つかる時は『ずばっ!』と見つかりますし、

見つからない時は見つからないものです。

見つからないからと言って、適当なコンセプトは提供できません。

そのコンセプトを軸に宿再生を支援する立場としては、

経営者様と表裏一体だからです。

軸がしっかりとした再生計画は、社会環境の変化や社内環境の変化にも

対応し、グングン進んでいきます。

旅館再生においては、ブログタイトルのように

『コンセプトメイクは、一丁目一番地』

です。

なぜなら、コンセプトが無いから調子悪くなったからです。

コンセプトがしっかり宿の真を捉えて、全体に浸透させておけば

過当競争の中で安売りをしないで済んだはずです。

無意味な投資を繰り返す必要が無かったのです。

コンセプトを宿全体に浸透させることで、

圧倒的な差別化 ぶれない経営ができます。

フツー。ですとここで、当社のコンセプトメイク事例なんて、

つらつらと並べるところですが、一切お出ししません。

なぜなら

簡単に安っぽくパクられるからです。

上っ面だけコンセプトを表現して、中身は全くの別物の量産は

もう見たくありません。

統一感があって、他の追随を許さない、ぶれない宿経営を

当社はコンセプト経営で成し遂げます。

※一番下のバナーに【支援実績&解決事例】があるではないか! と思わないでください。コンセプトメイク事例なんて一言も載せていません。 テクニックならいくらでも公表できます。でも、コンセプトは絶対に教えません。

関連記事一覧

PAGE TOP