【コンセプターの日常】 成功するシェアハウス体験

日経新聞を読んでいたら、

シェアハウスを経営する人が入居者のいざこざが絶えず

経営を止めるという話が載っていました。

a0002_002309.jpg

私も以前米国に住んでいた時に、ルームシェアは何度もしていましたので

色んな経験しています。

ある時は、50代の白人の女性と二人暮らし、

ある時は、男女10人弱でグループ共同生活

ある時は、50代の白人女性との二人暮らしに耐えかねて

友人宅でまたルームシェアなどなど

いろいろです。

私の経験から言えば、

シェア自体に何かを求めた時点でアウト!です。

例えば、

カッコいい男性がいないかな?とか、

シェアすることで自分が変われるんじゃないかな?とか

毎日一緒にお料理でも作れたら楽しいかな?とか

同居人に何かを求めてはいけません。

一番良いのは

 ・ みんな仕事はバラバラ

 ・ 考え方もバラバラ

 ・ 向いている方向もバラバラ

 ・ 一致しているのは、みんなで住むと割安だからという理由だけ。

 ・ 1年続けば良いほうだと思う

これがシェア成功の5つの秘訣です。

ただでさえ干渉が多い毎日を過ごしているのに、

小さな鳥かごの中で自由な時間を持てないのは

理想を大きく上回る不幸になります。

ちなみに、私はどのルームシェアも大成功でした。

楽しい充実した毎日を共に過ごせましたし、もう一度

同じメンバーでシェアをしてみたいです。

関連記事一覧

PAGE TOP