【旅館再生:考】 営業ツールの見直しで大逆転!

約半年前くらい前にパパ友のご紹介で

打ちっぱなしのゴルフレッスンを受ける機会を得ました。

自慢できるほどでもありませんが、そこそこのレベルに

行ったこともあるので人からゴルフを教えてもらうのは

大学生以来でした。

サポートする側からサポート(指導)される側に

立ち返る意味でも貴重な体験でした。

レッスンではスウィングの軌道修正もほとんど

必要なく、

『大変綺麗なスウィングですね。言う事ないです。』

とティーチングプロのお言葉を頂きましたが、ボールは右へ左へと

曲がります。

学生の頃、毎日5時間はジャンボ尾崎のスウィングを見て

生活していましたので、当然スウィング(だけ)は美品です。

winner_img.jpg

そんな私のスウィングに先生が、

『ヘッドが戻らない感覚を感じて、無理にヘッドを返そうとして

しまうがあまり、体重移動が十分でないところに右足を踏ん張り過ぎ

てしまい、・・・・・』

なるほど、なるほど。そんな状態なのですね。

『で、先生のアドバイスは?』

『ですから、ヘッドが戻らない・・・・・』

結局、1ターム(1ヵ月)でレッスンは終了し、退会しました。

実は、問題を私は承知していました。

ボールが左右にブレる原因は

『シャフトの硬さが合ってない』

この一言です。

十数年前のバリバリ仕様ですので、カチカチのシャフトの

アイアンを使っていたのです。

そもそもツールが合ってなかったのです。

昔はヘッドスピードも50近くありましたので、Xシャフトでしたが

現在ではせいぜいSRシャフトがやっとで、RシャフトでもOK

みたいな状態です。

その1点を直すだけで左右のブレは止まっていたはずです。

人の振り見て我が振り直せ

良い言葉です。

さて、

旅館営業改善において必ずぶち当たる壁があります。

営業ツール です。

a0002_001423.jpg

営業スマイルは素晴らしいし、良く話せているのに送客をゲット

できない営業マンの方と同行営業などに行ってチェックすると

よくあるんです。

ツール(提案資料)が悪すぎて、

『手品師でなければ奇跡は起こせない』

というケースです。

そういう場合は営業マンごとにツールを見直します。

それぞれの得手不得手がありますので、

交渉中に自由演技が出来る人にはなるべく余白の多いツールを、

交渉下手の人はツールに魅力アップを図ります。

ツールの改善だけで売上が何倍にも上がるケースは

多々あります。

売上が伸び悩む営業マンに無理なノルマを課していませんか?

まずは売り上げが伸び悩む原因を探りましょう。

必ず解決策はあります。

良くも悪くも必ず原因はあります。

関連記事一覧

PAGE TOP