【旅館再生:考】 お部屋の名前は何がよい?①

当社ブログにお越しになる検索キーワードで上位に入るのが、

『 部屋 名前 旅館 』

です。

私の様な立場からすると、

『残念ながら 「部屋の名前」 を変えても変えた本人の気分くらいしか

変わらず、集客には大きく影響はありません。

宿のコンセプトを表現するにあたって、部屋がどういう働きをしているか

を説明する方がよほど効果的で・・・』

と言ってしまうと終わってしまうので、、、

これから

『 部屋の名前 』 のトレンド

をいち早くお届けしましょう!

(前置きとして、お部屋グレードではありません。

『 お部屋の名前 』 ですので、あしからず。)

キーワード①は、

『 長い 』 です。

一般的な部屋の名前ですと、

旅館タイプは、『地名』 や 『植物の名前』

例: 『琴月』 『草薙』 『桔梗(ききょう)』 『紅葉』

ホテルタイプは、『番号(連番)』が多いと思います。

例: 『601』 『1215』

『 長い 』 は、ながーーーーーーーーーい のです。

例えば、こんな感じです。

『夜月を眺める窓際から感じる清風は先ほどまで露天風呂で

火照った身体をほっと冷まし「やっぱり旅に行こうと決めて

良かったなぁ」と思わせる2F角のお部屋』

こんな約70文字の世界で一番 ながーーーーーーーい名前のお部屋が

連発する予感がします。

でもこんな 『 フツーの部屋 』 では名前負けしてしまいます。

フツーの部屋.JPG

やはり軸となるコンセプトが必要になってきますね。

コンセプトを軸にお宿を変えていく!

コンセプト創造研究所のモットーです。

関連記事一覧

PAGE TOP