【旅館再生:考】 安・近・短が加速している

連休初日に、いつもの定点チェックの為に

某ショッピングセンター(SC)を訪問。

そのSCを中心に放射状に1km~2kmの渋滞が発生し

入庫まで2時間弱かかりました。

a1030_000029.jpg

SCの社員さんに聞くとここまで混んだのは、オープン日でも

なかったとのこと。

近隣エリアは当然完全フリーズ状態で、交通網は混乱。

路線バス、宅配トラックも1~2kmを2時間コース。

この混雑はたまたまでしょうか?

いいえ。そうではありません。

これが加速する『安近短化』の近未来です。

より安く、より近く、より短く。

身近な娯楽施設に人は集中し、遠方の観光地からは人が引いていく。

これはある意味当然でもあります。

SCは努力をして魅力的な商品を提供しているからこそ、

お客様は遠くの観光地に足を運ぶ必要が無くなっているのです。

これまでは遠くの観光地に行かないと

非日常を感じられませんでした。

しかし、日常を忘れさせるような巨大ショッピングセンターや

アミューズメント施設、スポーツレジャー施設が日常のすぐ近くに

出来てしまい、交通費0円で行けるようになってしまった。

これが現実です。

でも、この流れはいつか必ず止まります。

そして遠方地へ行きたいという欲求は必ず出てきます。

その時に新しい旅館(宿泊施設)像を見せられない宿は、

お客様の目から完全に離れ、消えていくでしょう。

yoseatume.jpg

これからも宿の3種の神器(部屋、風呂、料理)で勝負できますか?

三種の神器.jpg

断言します。

3種の神器(部屋、風呂、料理)から脱却できる宿が生き残ります。

脱却するには

統一感があって、他の追随を許さない、ぶれないコンセプトが必要です。

コンセプトをお持ちですか?

そのコンセプトはお宿の隅々まで行き届いていますか?

そのコンセプトを10年、20年と継続できますか?

鋼鉄のコンセプト経営を目指しましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP