【旅館再生:考】 消費税10%時代に生き残る旅館経営

急に決まった(増税)近未来です。

オリンピックで目が眩んでるうちに

シャンシャンと決まった増税。

 

この大波に堪え切れる自信はありますか?

識者の方が言うように、日本は増税してからずっとデフレで

一瞬ITバブル的なものはありましたが、それも一瞬でした。

税出費は増えても、身をもって感じる良さはないものです。

今回も同じ轍を踏もうとしている訳です。

 

旅館風にいうと、何も変わってないのに

9800円の宿泊プランを11000円にしたようなものです。

1200円分の売上増が見込めると思ったら、1200円分の

売上減が起きてしまう。当たり前ですよね。

消費者は甘くありません。

 

宿の『変化』に対し、その対価を料金の『変化』でお客様は

お支払されるのですから、宿の『変化』が無ければ当然『変化』は

起こりません。

 

お宿様に『5年後』の宿像を聞くと、全く社会状況が加味されていない

未来を考えるお宿様が多いのが現状です。

『その時にならないと、状況が見えてこないよね。』

私も5、6年前ならそう考えていたと思います。

でも、『その時』には時既に遅しになっているかもしれません。

消費税5%アップ

この大波に対応するには、抜本的に旅館のビジネスモデルを構築

し直さないといけません。

 

『正社員を派遣に切り替え?』

『サービスを全てセルフ対応?』

いいえ違います。

そんな事をしても消費税5%アップは補えません。

良く考えてみてください。

少し頭をひねったところで来年利益率5%アップ出来ますか?

出来ませんよね。

逆引きで考えてみましょう。

 

①5年後に儲けをいくら出す旅館をしているのか?

②その儲けを出すにはどのくらい売上がなければいけないのか?

③売上を上げるのに何をしているのか?

④その何をしている為に、今何をしなければいけないのか?

 

一つの意見として、

『5%アップしたところで、そこまで影響はない』

とおっしゃる方もいると思います。

『たっぷり利益を出しているから大丈夫!』

というのであれば、それでいいでしょう。

でも私は消費税5%アップしたら、現在の需要と供給の

バランスは更におかしなことになっていると思います。

 

増税によって『安近短』はさらに進み、それの受け皿になる

新しいレジャー産業が勃興してくるでしょう。

それを見越して『影響はない』と言えるかどうか。

 

私の口癖です。

『よーーーーーーーーーーーく 考えてみましょう。

考えるのはタダですから。』

『5年後の自宿の姿、利益、売上、商品、業務』を創造してみましょう。

想像ではなく、創造で結構です。

『例えば、こんな感じになってるかもね。。。』で良いのです。

会議で使えますよ!この『例えば、』は。

『例えば、』と言うだけで、みんな反論しなくなったりして

創造性があって、建設的な会議になったりします。

 

私の支援旅館さんの中には、『例えば会議』という名前の会議を

行っている旅館さんがあります。『例えば』なので何を言っても

反論なしです。

『例えば会議』で挙がったアイデアを通常の会議で練り直します。

いいでしょ!ぜひ使ってみてください。

関連記事一覧

PAGE TOP