【コンセプターの美景】 日本人には出来ない空間利用

広大な国土がもたらすメリットを存分に利用した
W LOS ANGELES の中庭。
美景であった。

Whotel.jpg

Los angeles視察で訪問したホテル W Los Angeles の中庭です。

ホテル名は『W』と書いて、『ダブリュー』と読みます。そのままです。

ロサンジェルスは、年間降水量約170mmの地中海性気候で

乾燥していますが、雨が降らないというわけではありません。

降ります。

でも、ファブリック地のソファを置いてしまうのです。

何故なら、そこにソファが有った方が良いから。

単純ですが、実行に当たって色々なノイズが見えてしまうのを

無視して押し切る勇気。

そして、その結果素晴らしい景色が出来上がります。

ぜひ参考にしていて頂きたいのは、この空間です。

日本人的に設置すると、ぐっと減らすごちゃごちゃにするかの

二択になりますが、その真ん中を行くコーディネートです。

ソファのレイアウトで新しい空間感を演出する事もできます。

新しいソファを買う前に、レイアウトをTHINK!

実際に目で見ると非常に勉強になりますね。

関連記事一覧

PAGE TOP